Home

医師転職について

医師転職の仕方

医師転職の仕方が分からなければ相談をすることです。専門のサイトなどを通じて相談をしていくことで、道が開かれていきます。転職するには医師にも理由があるからです。医師として仕事をしやすい環境で働きたいからこと転職をするわけです。そのためには、各医師の要望にあった転職を行なうことができるように態勢を受け入れる病院と話をしていく必要があります。

そのためにも、相談をしていきましょう。自分の勤務態勢を客観的に判断して、妥当な年収を得ることができるように第3者を入れていく必要があります。

第3者が介入することで仕事の内容と年収のバランスが妥当であるように調整していきやすくなります。もちろん、本人で話していくこともできますが、病院側の意見が分からなければ、納得した話になりません。相談をしていくことで、互いの問題を解決して、理想な働き方を作っていける状態にしていきましょう。環境のいい場所で働いていくことです。

医師転職の難しさ

昔は入社したら、定年退職まで同じ会社で勤めあげるというような考えが浸透していましたが、今では自分にその職場が合わなかったり、給与などの待遇面で不満があれば転職してより良い職場を見つける時代です。それは、医師も同じ事です。医師も人間ですから転職したくなる理由もほぼ同じです。

医師の転職した理由の多くは、シフト制勤務で夜間や休日の急患の緊急呼び出しなどで病院に縛られ気が休まる事がない事で疲れ、急患の呼び出しのない病院に移りたいなどの理由が考えられます。違うのは、一般職の人と比べて医師はの転職が難しい点にあります。

何故転職が難しいのでしょうか。それは、医師の現在働いている仕事が融通が利かないからです。勤務医として働いていたら、診察日が決まっていて患者さんの診察をしなければなりませんから、平日に転職活動が出来ません。医師は、ただでさえ忙しい職業です。自分の時間が僅かしかない中で新たな転職先を見つけるのは、時間を有効に利用するしかありません。