Home > 医師転職の際の面接のマナーや身だしなみ

医師転職の際の面接のマナーや身だしなみ

医師の転職の際の成功のポイントは、面接にあります。面接は医師と病院のお見合いのようなもので、面接を受けたからといって採用されるとは限りません。相手に気に入られる為には、面接のマナーや身だしなみに気を付ける必要があります。人を見る時の印象は、9割以上が見た目で決まります。

まず面接に行く前に身だしなみのチェックをする必要があります。医師としての清潔感や健康的な前面に出して面接に挑みましょう。面接の際は、就職する前の学生時代の面接を思い出して、入退室する際の挨拶は大きな声で必ず失礼しますと面接官に聞こえるように言う事です。

面接の際は背筋を伸ばして正しい敬語を使う必要があります。面接はいかに相手とうまくコミュニュケーションを取って自分を理解してもらう事が大切です。相手の話のこしを折らないようにしなければいけません。

面接では、転職動機と退職理由を聞かれるのであらかじめ答えを用意しておく必要があります。気持ちを込めて質問に答える事が面接に挑みましょう。医師の熱意が相手にも伝わるはずです。